「霊的知識」タグアーカイブ

行為による体得

 

立花隆氏の「臨死体験」には様々な方々が登場して、心の琴線に触れるような内容が多く書かれています。

地上界で生きて行く上で大切なのは、知ることよりも実践することにあると語られていますが、なかなか実行できないでいます。

 

愛を知ったならば愛します、善を知ったなら善を為します、その姿勢がもっとも重要な点だと言われています。

ですから、いくら霊的な知識を詰め込んでみましても行動が伴わなければ、絵に描いた餅と何ら変わらないわけです。

 

どんな偉大な叡智に接しましたとしても、それをどのように実践すればいいのかを常に考えて行かなければならないのです。

シルバーバーチも繰り返し、実践の必要を説かれていました。

「知っているということと、それを応用することとは別問題です。知識は実生活に活用しなければなりません」

 

「霊性は書物からは得られません。先生が授けるものでもありません。

自分自身の生活の中で、実際の行為によって体得しなければなりません」と。

さに日常での絶え間ない努力が求められています。

 

最高の叡智

 

いまもこの世で生かされていますということは、どういう意味なのかを考えてみました。

それは明らかに、やるべき仕事がまだ残っているという証しにほかなりません。

 

やり残していますのは、いま手がけております霊的知識の学びかもしれませんし、もっと別のことかもしれません。

いずれにしましても、目の前の課題に取り組む以外には思いつかないのであります。

 

シルバーバーチほかの高級霊による霊界通信という最高の叡智から学んで行きますのが、いま考え得る最良の道と思えます。

地上人生の目的や生き方が明瞭となりまして、これからの生涯を有意義に過ごせるのです。

 

また死後の世界についての貴重な情報が数多く得られて、この世で心の準備をしっかりとやれますのも有り難いです。

霊的視野で眺められますように、日々この地上におきまして訓練できるのです。

 

それにいかなるときも守護霊に見守られていて、心強い味方が控えていますのも嬉しい限りです。

 

 

最高の叡智から学ぶ

 

着実に霊的成長をめざしますには、霊界にいるかのように過ごしますのが一番のようです。

そうするためには霊的知識でしっかりと精神統一して、様々な邪念を排して行かなければなりません。

 

現在、人類が手に入れることのできる最高の叡智と言われます「シルバーバーチの霊訓」を学んでいるところです。

最初の入門偏にあたります「シルバーバーチは語る」から読み進めております。

 

百年ほど前にロンドンの一室で始まりました霊界からのメッセージを、いま紐解いているのです。

数百年後に、そのメッセージが地上の隅々にまで行き渡っていますのを想像しますと、感慨無量の心境となります。

 

どんなに素晴らしい世界が展開していますことでしょう。それを目の当たりにします日が、待ち遠しくてなりません。

自分もその頃には霊界での利他愛の実践もかなり積んで、見通せます視野や思考能力もいまの比ではないと思われます。

 

 

霊的視野を養う

 

実際に何が霊的成長にとって妨げとなりますかは、わかりにくいものがあります。

当面はこの識別します目を養って行く必要がありそうです。

 

いずれは生活の全てに渡って点検しなければなりませんが、気がついたところから改めて行くことになります。

目下、霊的知識に関しまして徐々に把握するように努力しております。

 

19世紀半ばから始まりましたスピリチュアリズムは、今後数百年以内に地上世界に浸透して行きますのは確実だと思われます。

時期の問題に過ぎず、いずれ地上界は本格的な霊界での生活への準備期間として広く認識され、霊的人生を歩む人々が加速度的に増えて行くことでしょう。

 

社会全体は今とは大きく異なった様相を帯びているでしょうし、画期的な諸制度に置き換わっているのは間違いありません。

霊界と同じように霊的な世界となって、霊的文明に生まれ変わるのです。

 

 

スピリチュアリズムの定着

 

スピリチュアリズムは数年、数十年といったスケールで考えるものではありません。

数百年のうちに、日本をはじめとして世界の隅々まで定着して行くということです。

時期の来ました人たちから霊的存在であることにいち早く気づき、目覚める人たちが少しずつ増えて行くようなのです。

 

これまでの物欲と自己中心の要素が強かった生き方から、利他性を重視し同胞愛を基調とした生き方へ転換した人たちが社会をリードして行くことになりそうです。

これまで大半の人々が霊的に無知なまま、余りに未熟でありましたために様々な不幸を招き、争いの絶えない時代に生きざるを得ませんでした。

 

しかし、スピリチュアリズムによって霊的知識がもたらされるようになってから、状況は変わりつつあります。

そうして得た知識は率先して、実践して行かなければなりません。