「自己信頼」タグアーカイブ

心の内側の光

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの著書「自己信頼」に、次の一節があります。

人は、詩人や賢人の世界の輝きよりも、

自分の心の内側できらめくかすかな光を見出し、

それを見守るようにしなければならない。

 

今後、何かのきっかけにより琴線に触れるような経験をしましたときには心したいと思います。

内にともりました灯火を見つけ出して、それを消し去らないよう大切にして行きたい。

 

普段におきましても、わずかでも心に染み込んで来ます印象には十分に注意を払うようにします。

そこから自然に湧き起こってきます考えを口にしましたり書いたりしまして、以降はそれに従って生きて行くようにいたします。

 

その考えというのは、どんな立派の人が語った人生の教訓よりも自分にとって価値の高いものなのです。

無心になって内なる声に耳を傾けますだけで、かけがえのないそのときその場に、もっともふさわしい導きが得られるのです。

 

一日の内、少なくとも一度はパソコンの電源を切って本も閉じたまま、静かに自分と対峙します時間を持ちたいと思います。

 

 

真実は自分の中に

 

自分にとっての真実が誰にとりましても真実でありますとは、どのように受け取ればいいのでしょうか。

もちろん、自分は間違った考えをいっさい抱かないと言っているのではないでしょう。

 

自分には真実だと確信しています事柄を語りますことで、それはすべての人々にとっての真実へとなって行くという意味なのでしょうか。

もしも確信している事柄を自分が語らなければ、誰かが語り出してそれがすべての人の真実となるであろうと言うのでしょう。

 

真実は、分け隔てなく誰にでも訪れているものです。

いち早くそれに気づいて自覚した後、意識してその真実を語れます人が発案者となるのだと思います。

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの著書「自己信頼」に次の言葉があります。

おのれのほかに求むることなかれ

自分が感じ思いますことを軽々しく否定しないようにして、真実はつねに自分の中にありますのを忘れないでいることです。

 

 

自己を信頼する

 

自分を信頼しているとは、どういう状態なのでしょうか。

心の底からやり遂げたい望みは、必ず実現できますのを確信しています。

すべての生命とのつながりを自覚していて、あらゆるものを敬い尊びます意思で満たされています。

 

人から何かをしてもらうのを待つのではなく、自分のほうから与えられます何かをいつも考えています。

内から湧き出ます感情を、どのような形で表現できますかに関心を持っています。

 

それにしましても一番身近であるはずの自分自身に対しての信頼を、いとも簡単に忘れ去ってしまいますのは、いったいどうしてなのでしょうか。

自分を信じない生き方を選べば、どのような人生が待ち受けていますかを学んで、そこから再び信頼を手にしますために奮闘せざるを得ない状況を作り上げるのでしょう。

 

これまで確かに信頼心の欠如によって、さまざまな不安や恐れなどを数多く経験して参りました。

それでは、信頼を取り戻し、それを揺るぎないものにして行きますには、どのようにあればいいのでしょうか。

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの「自己信頼」に、次の一節があります。

『自分の考えを信じること、自分にとっての真実は、すべての人にとっての真実だと信じる――それが天才である。

 

心の中で確信していることがあるなら、声に出して語るがよい。

そうすれば、それは普遍的な意味を持つようになるだろう。』

まずは自分が抱く考えを徹底して信じて行く、これが一つの突破口になりそうです。

 

 

無知に気づけるか

 

ジェームス・ヴァン・プラグ著の「人生を、もっと幸せに生きるために」に次の一節があります。

私たちは、日々の雑事に追われながら人生を生きていることがあまりに多い。

 

実際に、たくさんの人が「やるべきこと」のリストを作っている。

私たちは、ある心の状態でいることよりも、何かをやること、得ること、作り出すことに没頭している。

 

毎日の習慣ともいうべきものでありまして始終、何かを行い、何かを作り出しますのに余念がありません。

未だ、ある心の状態にいいますのが、どれほど重要でありますかに気づいていないのを知ります。

 

自分の最大の課題であります、自分自身と周りの人々に対して、あるがままに信頼しますのを見失ってばかりいるのです。

心を無条件の信頼で埋め尽くしますのが、これほどの困難さを伴いますのを思い知ります。

 

相も変わらず自分の内面については知ろうともしませんし、何が大切なのか、あきれますほどにわかってはいないのです。

自分が無知でありますのに、それにさえ気づかず無知の状態のままでいます。

 

 

基盤は自己信頼

 

自分にとって、人生はどんな意味があるのでしょうか。

私の場合は子どもの頃から、どれだけ人からやってもらったかという、受け取る内容に価値を置いていたように思います。

 

なぜそのように至ったのでしょうか。自信がなかったので自分からすすんで遊び仲間に加わるという経験がありませんでした。

年上の子から声をかけられて、仲間に入れてもらえるまで待っているのが普通でした。

 

ですからみんなと遊ぶ機会は少なくて、一人で遊ぶときが多かったように思います。

この傾向は大人になっても続いており、自ら何かを立ち上げて、みんなを引っ張っていくようなことはもっとも苦手とするところです。

 

とは言いましても、率先してみんなに役立つように何かをしようとも思いつきませんでした。

子ども時代に仲間意識というものに縁遠い生活を過ごしていましたので、逆に仲間同士のつながりに対して憧れを感じていますのも事実です。

 

人々に貢献できる力が自分にはあるという、確固たる自己信頼の必要性を痛感しています。

私にとって人生の意味とは、自己信頼を基盤にして他者にどれだけの貢献ができるのか。その経験を積極的に積むことなのです。

 

 

自分を許す

 

この世界というのは、目まぐるしく移り行くものであって、何ひとつ永遠に続くものは何もないことに気づきます。

また、人生の運不運は予測がつかないということを教える「塞翁が馬(さいおうがうま)」という中国の故事もあります。

 

いい時が来るときもあれば、そうでないときもやって来るもので、その度に一喜一憂するのではなく、

現実とはそういうものだと割り切って、それらが過ぎ去っていくのを見ていればいいということです。

 

今日、そのことを試されることがありました。

いつも手伝ってくれている人が、商品に付けるシールを張り間違ってしまったのです。

そのことに気づいたのは、出先に着いたあとなので張り替えることもできず、持ち帰る羽目になりました。

事前に自分がチェックしていれば、すぐ張り直せたことであり、それを怠ったのです。

それにもかかわらず、相手の間違いを指摘して気を晴らしてしまいました。

 

忙しさに振り回されて、冷静さを欠いていた自分の行動に気づきました。

相手の間違いだけを指摘し、自分のことは棚に上げたことに嫌気がさして来ました。

そのときです。

責められ落ち込んでいる自分を受け入れて、やったことを許した途端に、嫌悪感から解放されて重かった心が一挙に軽くなりました。

 

失った自己信頼を取り戻すには、起こったことや、やってしまった自分を潔く認めて、すべてあるがままを許すことだと実感しました。

それでも許すことが出来ないときは、どうすればいいのか。そういう出来ない自分を心から許すことなのです。

許せないことで、どれほど自分を痛めつけているか、そのことに一刻も早く気づかなければなりません。

 

 

自分自身を信じる

かつて自分のことを認めていないとの指摘を受けたことがありました。
その意味するところが理解できずに受け入れることがなかなかできませんでした。

自分の中には認められないことがあるのはその通りで、ただそれらをどうするかがお手上げ
状態だったのです。
その後、自分のことがわからなくても、上手に付き合うことはできることに気づけました。

例えば記事を1本書いたあと休もうとする自分に、もう1本書けば成長につながるよと投げ
かけると、すぐその気になれて2本めの記事に向かうのでした。

自分を見なおす機会にもなり、成長へまっしぐらに進んでいける態勢が固まりつつあります。

たとえ信じられない状況であったとしても、自分の中で何かひとつ信頼できるものを見つけ、
絶えず気にかけ大切にしていくことだと思います。

私の場合、どんな事態になったとしても成長したいという欲求だけは、いつも渦巻いています。
やがてそれは自分の強みとなり、どんな困難なときも大きな支えとなると思うのです。

人を信頼できる力を養う

たとえば、お金を借金しているということは、その相手から少なくとも信頼されたから、それが出来たということです。

信頼することと信頼されているという2つの面が双方にあるから、この社会の商売や取引などの仕事というものが成り立っていることに気づきます。

 

しかし、その暗黙の信頼によって苦しめられたり信頼できないがために、あるいは信頼が得られないために困ったことが起きてしまうのです。

人に対して否定的なことをして来たということは、人を信用して来なかった結果だと思うので、そこから改める必要があったのです。

 

これからは意識的に信頼関係を作り上げて行くとともに、信頼に値する自分だという自覚を持つことが大事だと思いました。

どんなことがあっても振り回されない自分の絶対的な唯一の拠り所として「自己信頼に支えられた自分」というものを持つことは重要だと思います。

 

誰からも信用してもらえなくても自分だけは自分のことを信じているんだと腹の底から言ってみること、そういう人間に今からなればいいと思うのです。