「意識」タグアーカイブ

シミュレーション

 

いよいよ手術当日を迎えました。事前に必要なことは済ませて、準備するものも用意しました。

信頼に生きる一日を前にしまして、どのような日にしたいのかを思い巡らせてみます。

 

この瞬間にありますことを、常に心がけています。

全幅の信頼を体験させていただける周りの人々や病院のスタッフの方々に、感謝しつつ笑顔で接しています。

 

生かされています喜びを味わい、いつも愛されていますことに愛でもって応えます。

辺り一面を信頼という言葉から放たれますエネルギーで満たされています。

 

多次元的な存在として、今ここにありますことを意識しています。

身体の全細胞に伝えます。びっくりしなくてもいいですよ、大丈夫ですからと。すべてを信頼して、ただ委ねればいいのです。

 

すべてを受け入れて、それらすべてが自分だと思えればいいですし、無条件の愛と信頼に生きるのです!

 

 

内面に向かう

 

人間というのは元々この地上で、肉体をもった多次元的な存在だと言われています。

その自覚をもつためには、どうすればいいのでしょうか。ひとつは、内なる声に耳を傾ける必要があるということに気づきます。

 

現世に向けていました意識を、内面にあります自分の本質の部分に焦点を当ててみます。

そこは思考のおしゃべりや感情などは一切なくて、静寂と平安があります。

 

こんな身近なところにとても大事な、なくてはならないものが見つかるのです。

ようやく心から安心できる境地にやって来られたという思いになります。

 

これまでの迷いや焦りとかの世俗的な煩悩などとは無縁な存在感に包まれます。

また、ありとあらゆるものが潜在的にあるような感じもします。

 

この場と一体になればいいのにと思うのですが、なれない自分を意識して分離の状態に気づきます。

それと同時に、すべてを委ねる気持ちが徐々に湧き起こりつつあるのもわかります。

 

 

今に焦点を当てる

 

頭には絶えず思考が渦巻いています。改めて、そのようにプログラムされています自分に気づくのです。

日々の雑用に追われて我を忘れていますと、心は過去の記憶の世界に漂いつづけ、この瞬間にいることができない状態になっています。

 

ですから今という時にとどまりますには、意識して今に焦点を当てつづけている必要があるのです。

この瞬間に自分を委ね、ありのままの自分を無条件に受け入れて、今という時を存分に楽しむことなのです。

 

こんなことをしていてはいけないとか、ほかにすべき要件があるのではないかという心配は無用なのです。

このブログを書いている時には、ほかは考えなくてもいいのです。

 

 

倫理的に正しい道

 

ジェームス・ヴァン・プラグ著の「人生をもっと幸せに生きるために」には、次のような言葉があります。

すべてにおいて意識的に良い点を見つけるようにすれば、前よりはるかにポジティブな人生を送れるようになる。

 

ネガティブな思いを何とか変えようとしますよりも、いつも良い点を見つけるように努力します方が適切でありました。

そうしますだけで、自ずとネガティブな感情もなくなって行きますように思います。

 

どんな最悪と思われます出来事でありましても根気強く探せば、どこかに一抹の希望が見いだせるように思われるのです。

常に倫理的に正しい道を歩むと、言い換えることができるかもしれません。

また、次の言葉も勇気づけられます。

 

自分の意識レベルを上昇させて、出会うすべての人の中に神を見いだそう。

他の人のハイヤーセルフに気づき、つながることができるようになればなるほど、魂としての本当の彼らを理解できるようになる。

 

何か落ち着かないときというのは、その原因として人との魂レベルでのつながりを見失っている場合があります。

その人の高次の存在に気づくことができましたら、強い絆で結ばれていますのがわかり落ち着きを取り戻したのです。

 

 

意識して過ごす

 

先日、一人で友愛の精神でもって周りの人たちを念頭におきつつ、その人たちにお役に立つには自分は何ができるだろうかと思い巡らせておりました。

その課程で、二度も役立つチャンスを逃してしまったことに気がつきまして、無念の心境でありました。

 

この友愛の念こそが、利己主義的な傾向を改める上での心強い味方になってくれると思いました。

これを養って行きますには、どうすればいいのでしょうか。

霊界の上層界の人たちから学ぶべきことも多々あるように思います。もっと霊界について詳しく知る必要があります。

 

飛びきりの友愛で全身を満たすというのは難しいとしましても、絶えず意識して過ごすように心がけています。

そして、どうしたら役に立てられるだろうかと問うことも忘れてはなりません。

 

 

自分中心を改める

 

霊的成長こそが、長いあいだ探し求めていました道であります。シルバーバーチの霊訓に出会いまして、それに確信が持てました。

この道を歩み、すべてを託したい気持ちが益々大きくなりつつあります。

 

なるべく高い視点に立って物事を考え、できるだけ広い視野を持って世の中を見るように心がけています。

永遠に生き続けることを思いますと、つかの間に過ぎない地上での人生で、少しでも人に役立ったと胸を張って言える人間でいたいと望みます。

 

染みついています自分中心の習性を何とかしなければなりません。

一つ一つそれに気づくことから始めて、次からこうしようという風に改め決めてかかることにしました。

 

例えば、毎日の車を運転します自分の行動の中に、自己中心的なところが随所に見られます。

こちらのほうが優先だからという理由で、思い上がった気持ちになって運転している場合が多いのです。

 

何度か、右折車に道を譲ったほうがいいと思ったら即、実行しました。

自己中が改まるまでは、意識してハンドルを握らなくてはなりません。

 

 

霊的無知に気づく

 

これまで自分が知り得なかった死後の世界や霊界についての知識を授かりつつあります。

もっとも以前から漠然と、死んだ後も人は生き続けるのではないかと感じていました。

 

しかし、シルバーバーチの「古代霊は語る」の書を紐解いていきますと、死んでからが本当の意味で生き始めるのだと知ることができたのです。

とても驚くと同時に、長年の疑問が氷解する内容でありますだけに、深い感謝の念がわき起こりました。

 

100年ほど前に英国での家庭交霊会において、50年以上にわたって語り続けていた古代霊がおられたのです。

その語るところによれば地上界が惨憺たる状況なのは、霊的に無知であることが最たる原因だという指摘でありました。

 

霊的真理をまったく理解していませんから、利己主義がはびこり物質欲に支配された人生を送っていました。

死を恐れ必要以上に肉体に固執しすぎるのも、自分の本質を自覚する上での大きな弊害となっていたのです。

 

気づいたからには、少しずつでも霊的な無知から抜け出していかなくてはなりません。

 

 

役割を自覚する

 

ある本を読んでいましたら、10ものグループそれぞれの役割について事細やかに、周到に書かれておりました。

大きなことを成す目的で各専門のグループが集まり、分担して取りかかる例を挙げられていました。

 

人間一人ひとりが持てる最大限の力を出し切れる、そうした人たちがグループとしてやり遂げるのです。

さらに、そんなグループが連携し合い、束になって成し得ることは計り知れないものがあります。

 

しかし、それさえも全体のごく一部分であると考えますと、その先はもう想像を絶する規模へと発展して行くであろうと憶測できるだけです。

この宇宙のミクロの世界からマクロの世界まで、数多く存在します全てのものには、それぞれに託された役割というものがあります。

また、それを唯一果たすために存在していると言えます。どれもが全体の一部を担って、支え合っているのです。

 

全体の中の各構成員は、本来そういう重要な役目を受け持っていますのを重々自覚していて当然なのです。

ですから、自分の担っていますことは何であるのかを認識して、生まれて来た理由でもありますその使命を、いまこそ果たして行かなくてはならないのです。