「学び」タグアーカイブ

そのまま、ありのまま認める

パンを店頭に並べる前にシールを貼ることになっていて、そのシール発行機のところへ行くと先着の方がいました。

その店の人で、まだかなりの量があると言われました。

 

待つほかないと伝えましたが、ずっと待っていて焦り出して思わず「まだ時間かかりそうですか?」と聞きました。

もう終わりますと言われましたが、状況に反応している自分がいました。

 

全てを受け入れていれば余裕を持って対処できたのかもしれませんでした。

もう1つ、せまい道で対向車が来たので左側に寄って、行ってくれるのを待ちましたが通れないと思ったのか先方も停まってじっとしたままでした。

 

何でこれだけの幅があるのに通らないと?と思いつつ数分経過しました。

相手はバックし出して停まり、こっちが通り過ぎるのを待っている様子でしたので私は進んで行きました。

 

私のほうで何とかしようとはせず、ただ相手を判断しているだけでした。

終わってみて気づくのは、全ては受け留めるチャンスでもあったということです。

こうして今の自分を知る体験を立て続けにさせてもらったのでした。

 

お金から自分を解放する

これまで新しいことや面白いことがあれば、すぐ飛びつくタイプでしたが、いろいろやってみて失敗だったこともたくさんありました。

もう2度とやるまいと決めたことも数えきれないほどありますが、全ては学びであったと、とらえればムダは一切なかったと言えます。

 

お金からの解放は、人によっては一瞬で出来ることかもしれませんが自分の力で何とか成し遂げたいテーマであります。

 

 

答えはいつも用意されていた

予め自分の歩む道が決まっていたかのように、これまで節目で次の仕事や新しい場が用意されていて、自分はそれに飛び込むことで、次の学びの体験をして来たように思うのです。

 

きっと人生の最後になっても学び続けているのかもしれないと思ったりもしますが、今はただ目の前の道を切り開いて歩んで行くだけです。

毎回、気づきや学びのある今の生活に感謝していますが、これを分かち合える喜びを感じたくて、こうし記事を書いています。

 

 

豊かであることを認める

ある一つのことをやり続けていると、次につながることやそれに関連したことに出合えることに気づきます。

たとえば、これまでフェイスブックに力を入れていませんでしたが、その活用法などに触れる機会があり、学ぶべきところが多いことに気づいたのです。

 

走りながら考えるようになって、やっていることの手応えも日々感じられ、これまで時間の短さに耐えるだけでしたが、今では時間は豊かにあることを実感するのです。

能力や時間、お金が足りないという思いが、今の私の現実をつくって来ましたが、その思いを変えには行動を変えることでした。

 

行動を変えることで、はじめて豊かさが見えて来て思いも変わって行くのがわかるのです。

 

 

必要な情報を集める

情報不足による、一人よがりな意味づけ、
解釈ってしがちではないでしょうか?

例えば、人に何かを依頼をしてその後、
何の音沙汰もないとき
何だあの人は!と思っていると、
ずっと後になって
その人が病気で入院していたことを知って
思い違いしていたことを反省したり、

あるいはその人は
期待以上のことをしようとして
時間がかかっていたことを
後で聞かされて自分の至らなさを
思い知ることもあります。

自分が知っている
限られた情報の中で行なう、
状況の意味づけは
間違った判断をくだすことが多い
と心得た方がよさそうです。

そうすると謙虚にもなれ、
人の話をよく聞こうという気持ちにもなり、
自分がやっていることや人を
もっと観察する余裕も生まれてきます。

実際ちょっとした思い込みが
後々まで尾を引いて、大事な場面で
取り返しがつかなくなったりすることも
あるものです。

以前、私が慕っていた上司の口から
突然、自分に対して不信の目で見ているとしか
思えないような発言を聞き、
自分は信頼されていないんだと
落ち込んでしまったことがあります。

いったんそう思い込むと、
仕事へのやる気もうすれしまい
好ましくない事態へと進み、
その職を離れることになりました。

いま思えば上司の発言内容も
覚えていないほど
大したことでもなかったのです。

こうした自分勝手な思い込みを
なくして行くには、
判断をくだす前に
よく確かめて
必要な情報を集めるように
心がけることが大切だということ。

日々の体験という『学び』から
自分のあり方そのものを
変えていく以外に道はありません。

最高には、最高で応える!

 

「投資」という考え方が深まったという体験をしましたので紹介させていただきます。

これまで私は自己啓発に関係するさまざまなセミナーや教材、書籍などにかなりの額をかけてきました。

成果はありましたか?と聞かれたら、ついこの間までの私なら
「いいえっ、満足の行く結果は得られませんでした」
と答えていたと思います。

 

しかし今回、私がこれから始める講座にまとまった額を投資する話をある方にしていたとき、

投資なんか損するだけだとその方から言われて自分は、この講師の方に90%以上もの信頼をおいている!

で残りの10%は自分が努力して埋めていくことで100%にして望む結果を引き出せる。

 

仮にそうならなかったとしても今後に生かせる貴重な学びが得られるので、どっちにしてもやった後に失うものは何もないと断言していました。

どんなにすばらしい最高の先生や講座、教材に出合ったとしても、自分がそれに見合っただけの努力をしなければ最高の成果は
得られないし、

 

何よりも最高の結果を生み出す力が、身につかないことに気づいたのです。

また最高だからと相手を信じきって頼るだけになったり、最高のものを手にしたら、それだけで楽にやれるとカン違いして、できた気になったり‥‥と。

そんな落とし穴に、はまらないよう十分に気をつけなくてはと
気づけたのでした。

結局のところ、立ち上がり時は、お金以上に時間と労力を投資し
加速して行くことで、やっと身につき始めるものなのです。