「利他の精神」タグアーカイブ

蒔いた種を刈り取る

 

何年か前のNHK大河ドラマ「真田丸」を見終わりまして印象に残りましたのは、豊臣一族が滅ぶべきして滅んだのではないかということです。

このドラマでどこまでが真実なのかわかりませんが、少なくとも政争の具とはいえ、人の恨みを買うようなことばかりを繰り返していましてはどんな政権でありましょうとも長く続くわけがありません。

 

全国を統一するなど数々の功績を残しました豊臣政権でありますが秀吉の死後、一気に求心力を失って行くのも当然の結果といえるのではないでしょうか。

関ヶ原の合戦も始める前から、すでにその勝敗はついていたように思われます。

 

普段、どんなことをやっているのかを見れば、その後どういう運命をたどりますのか、わかるような気がいたします。

私利私欲から行っているのか、あるいは利他の精神でやっているのかです。

 

突き詰めれば、蒔いた種を後に自ら刈り取るだけの話かもしれません。

歴史から学べますことは、まだまだほかにもたくさんありますように思います。