「内なる声」タグアーカイブ

心の内側の光

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの著書「自己信頼」に、次の一節があります。

人は、詩人や賢人の世界の輝きよりも、

自分の心の内側できらめくかすかな光を見出し、

それを見守るようにしなければならない。

 

今後、何かのきっかけにより琴線に触れるような経験をしましたときには心したいと思います。

内にともりました灯火を見つけ出して、それを消し去らないよう大切にして行きたい。

 

普段におきましても、わずかでも心に染み込んで来ます印象には十分に注意を払うようにします。

そこから自然に湧き起こってきます考えを口にしましたり書いたりしまして、以降はそれに従って生きて行くようにいたします。

 

その考えというのは、どんな立派の人が語った人生の教訓よりも自分にとって価値の高いものなのです。

無心になって内なる声に耳を傾けますだけで、かけがえのないそのときその場に、もっともふさわしい導きが得られるのです。

 

一日の内、少なくとも一度はパソコンの電源を切って本も閉じたまま、静かに自分と対峙します時間を持ちたいと思います。

 

 

人生の答え

 

いざ心の声に耳を傾けてみようとしましても、なかなかできるものではありません。

しかし内なる声を無視しつづけています限りは、日々を落ち着かない状態のままで過ごすようになります。

 

耳を傾けようともせずに無視してしまいますのは、どうしてなのでしょうか。

自分には何かが欠いていて、それはどこかにあるはずだと思いつづけ、いつも外側に意識が向いていたからです。

 

必要なものはすべて自分に備わっているという事実を、まったく理解していませんでした。

周りのどこかに幸せを追い求めていましたので、ことごとく裏目に出る結果となり、平安にはほど遠いみじめな気持ちを味わうばかりでした。

 

求める方向が間違っていただけでしたのに、自分に対する自信をすっかり失ってしまいました。

人生に対する答えが自分の内面奥深くにあるとは、とても信じられなかったのです。

 

結局、あれこれと知識を探し求めたにもかかわらず、手元に知恵として残るようなものは何一つ見出せず呆然となるのでした。

 

 

内面に向かう

 

人間というのは元々この地上で、肉体をもった多次元的な存在だと言われています。

その自覚をもつためには、どうすればいいのでしょうか。ひとつは、内なる声に耳を傾ける必要があるということに気づきます。

 

現世に向けていました意識を、内面にあります自分の本質の部分に焦点を当ててみます。

そこは思考のおしゃべりや感情などは一切なくて、静寂と平安があります。

 

こんな身近なところにとても大事な、なくてはならないものが見つかるのです。

ようやく心から安心できる境地にやって来られたという思いになります。

 

これまでの迷いや焦りとかの世俗的な煩悩などとは無縁な存在感に包まれます。

また、ありとあらゆるものが潜在的にあるような感じもします。

 

この場と一体になればいいのにと思うのですが、なれない自分を意識して分離の状態に気づきます。

それと同時に、すべてを委ねる気持ちが徐々に湧き起こりつつあるのもわかります。

 

 

万物によって生かされている

 

鈴木旭さんの「ペトログリフと黒又山の謎」を読み終えました。

これまで特に意識していませんでしたが、山々というものには神性が宿っているということがよくわかりました。

 

この本では、黒又山の本格調査に入ってから調査隊員たちに不思議な事件が次々と起こったといいます。

黒又山に宿る神々に対して何の許可も得ず、勝手に掘り起こしたことがそもそもの発端のようでした。

 

事件は、そのことを人間に知らしめるためだったことがわかるのです。

著者がこの調査そのものに加わった経緯も、何かに導かれるようにして関わったとあります。

 

私も以前、務めていた仕事がなくなったとき、その後どうしたものかと思案していたところ、すぐ新たな収入の道が開けて充実した日々をいま送っています。

こうしたことは偶然の出来事とは思えず、何か大きな意志が働いているような氣がしたものです。

 

結局のところ、自分の自由意志があるものの、最終的には目には見えない大きな存在の力によって導かれていることを認めざるを得ないのです。

私の身体にしろ、私の思考や意思というものも、どれも目に見えない力に生かされているから、いまこうして存在しているのです。

 

著者の鈴木旭さんも大変な目にあわれ、治るにはもう神様の手足となり、神の意趣に沿って生きるしかないと書かれていました。

自分だけでは小さいことしか出来ず、謙虚に内なる声に耳を傾けること。

そして、宇宙の意思(法則)に沿った生き方に改めることに通じます。

 

自分が生かされていることの意味を、もっと深いレベルで理解する必要を感じています。