「人生の法則」タグアーカイブ

望んだ人生

 

一宇氏の著「人生の法則」を読み進めています。この地上界をどういう風に生きればいいのか、それをわかりやすく教えてくれています。

人生には良いことも悪いこともなくて、望んだ通りの現象が起きているだけでありました。

 

そして、そうした出来事は、自分がどのような人間になるのかをサポートしますための単なる脇役に過ぎなかったのです。

様々な苦労や辛くみじめな体験というのは、自らが望んだことでありました。

 

なぜ望んだのかと言いますと、そうした体験を通じてどんな困難にも負けない強い意志を持つ人間になりたかったのです。

これまでの失敗とか間違った選択も、そのような誤りをたくさんしてそこから多くを学び、より賢明な人間になるためでした。

 

どれほど失敗したとしましても、劣等感を持ったり自分をダメな人間だと思ったりする必要は全くなかったのであります。

成功や失敗の数々は、こうありたいと思います自分になるためのお膳立てであって、当初から人生に組み込まれていたのです。

 

 

自分が作り上げている

 

一宇氏の著「人生の法則:3000人の前世療法で明らかになった真実」で、最初に次のように語られています。

あなたの人生は、あなたの思い通りになっています。

 

良い悪いは別にして、確かに自分の思い通りになっていましたのは間違いないと言えます。

例えば、人生とはそんなに甘いものではないと思っています限りは、甘くない人生を歩み続ける羽目になります。

 

これはこういうことだと自分で決めつけ思い続けていましたので、そのようなことが現実化してしまっていたのです。

こうした前提条件をすべて破棄して、真っ新な気持ちで取り組んでみますと、スムーズに物事が進んで行きますのに気づきます。

 

本来、中立ないし好ましいことしか起こらないという言葉にも頷けるのです。

無条件に全てを受け入れて認めます段階に行けますように、心を空にして目の前のことに向き合うことを心がけています。