「スピリチュアリズム」タグアーカイブ

霊的視野を養う

 

実際に何が霊的成長にとって妨げとなりますかは、わかりにくいものがあります。

当面はこの識別します目を養って行く必要がありそうです。

 

いずれは生活の全てに渡って点検しなければなりませんが、気がついたところから改めて行くことになります。

目下、霊的知識に関しまして徐々に把握するように努力しております。

 

19世紀半ばから始まりましたスピリチュアリズムは、今後数百年以内に地上世界に浸透して行きますのは確実だと思われます。

時期の問題に過ぎず、いずれ地上界は本格的な霊界での生活への準備期間として広く認識され、霊的人生を歩む人々が加速度的に増えて行くことでしょう。

 

社会全体は今とは大きく異なった様相を帯びているでしょうし、画期的な諸制度に置き換わっているのは間違いありません。

霊界と同じように霊的な世界となって、霊的文明に生まれ変わるのです。

 

 

霊的成長の道

 

いま取り組むべきは三大霊訓と言われています各霊界通信を読み解くなどして、スピリチュアリズムについて学んで行くことです。

19世紀半ばから今日まで、スピリチュアリズムに関連します霊界からの働きかけは実に絶妙でありまして目を見張るものがあります。

 

こうした真実を知り得ました幸運を噛みしめております。

自分が霊的な存在でありますのを、ずっと知らずにいましたのが信じられないくらいです。

 

記憶の中で霊性に関しましてぽっかり空いたところを、しっかりと埋めて行かなくてはなりません。

もう、そのほかの小事に構っています時間はないのです。

地上世界を生きるとは霊的成長の道を切り開き、歩んで行くことにほかなりません。

 

 

スピリチュアリズムの定着

 

スピリチュアリズムは数年、数十年といったスケールで考えるものではありません。

数百年のうちに、日本をはじめとして世界の隅々まで定着して行くということです。

時期の来ました人たちから霊的存在であることにいち早く気づき、目覚める人たちが少しずつ増えて行くようなのです。

 

これまでの物欲と自己中心の要素が強かった生き方から、利他性を重視し同胞愛を基調とした生き方へ転換した人たちが社会をリードして行くことになりそうです。

これまで大半の人々が霊的に無知なまま、余りに未熟でありましたために様々な不幸を招き、争いの絶えない時代に生きざるを得ませんでした。

 

しかし、スピリチュアリズムによって霊的知識がもたらされるようになってから、状況は変わりつつあります。

そうして得た知識は率先して、実践して行かなければなりません。

 

 

スピリチュアリズム

 

死後の世界がありますことを大半の人たちは気づいていません。それを信じていますのは、ごく一部の人たちだけでしょう。

自分自身も最近になりまして、その存在を確信できますまでになりました。

 

そういう意味では信じていない人たちが多いのも、少しも不思議でないようにも思えます。

それまで死後のことについて関心はありましたものの、それに関連した書物を読んでみましても、本当にそうなのだろうかとずっと半信半疑の状態でありました。

 

しかし、シルバーバーチの霊訓をはじめとします一連のスピリチュアリズムに出合いまして、語られています内容に心を打たれたのです。

まさに知りたかったことが詳しく書き記されていました。

それ以来、私に取りまして死に関します恐れは全くなくなってしまったのです。