「シルバーバーチの霊訓」タグアーカイブ

死は新しい門出

 

実に様々な方面で、たくさんの人々が死後について研究されていました。

臨死体験をした人々からの情報を基に、死後の世界を探求されましたレイモンド・A・ムーディ・Jr氏、退行催眠による生と生の間に起こることを研究されたマイケル・ニュートン氏です。

 

また、死と死ぬことについての探求者でありましたエリザベス・キューブラーロス氏、日本の心霊主義運動の先駆者でありました浅野和三郎氏などの方々です。

しかし、こうした人々の業績は最近知ったばかりでありまして、これまで私の視界には入って来ませんでした。

 

生き抜くことに関してのみ興味を持ち、死にまつわる情報には触れぬようにして来ましたので当然でした。

死について考えますのは敗北を意味し、人生を自ら降りるに等しく絶対に認めたくなかったのです。

 

スピリチュアリズム(シルバーバーチの霊訓ほか)に出合ってから、死に対して積極的なとらえ方ができるようになりました。

死は決して恐れたり忌み嫌うものではなくて、新しい人生への門出であるのですから。

 

 

霊訓との出合い

 

十数年以上も前に「シルバーバーチの霊訓」や「霊界からの手記」「輪廻転生」などの本をすでに購入しておりました。

不思議に思いますのは、それらの本をきちんと読み始めましたのがごく最近なのであります。

 

そうした内容を受け入れる用意が、それまでは自分にできていなかったということでしょうか。

何度か手に取っては見ましたものの、いつも読む気になれなかったのを思い出します。

 

霊的な真理と出合いますには時期尚早で、まだ準備が整っていなかったと言えるのでしょう。

いまでは他のどんな分野の本よりも興味津々でありますので、その落差には驚かされます。

 

英国のホームサークルでシルバーバーチがメッセージを語り始めてから百年後に、こうして霊訓に巡り会えたのです。

人生の目的とは霊的に成長する、これに尽きますこと。

 

人は死によって肉体を脱ぎ捨てた後、霊界において本当の生活が始まりますこと。

利他愛の実践などを通して人間は成長し、永遠の旅を続けますことなど、これらを学んでいるところです。

 

 

意識の葛藤

 

絶えず起こっています、心のなかの葛藤にもっと注意を向けなくてはいけないことを知りました。

放っておきますと必ず本能の意識のほうが勝って、霊的な意識は片隅に押しやられてしまうからです。

 

気づかぬうちに欲望を満たすのが最優先になっており、霊的成長は二の次なのです。

肉体をまとっています以上、本能の力は強くて抑制しますのが容易でありません。

 

しかし難しくても努力し続けるしか、肉欲や物欲に打ち勝つ方法はないのです。

少なくともこうした心の動きに気づいていますことと、それを客観的に見つめていられるように訓練しておかなければなりません。

 

何ら抗することもなく本能の意識がなすがままに、ただ流されるだけであってはならないからです。

葛藤に気がついたときには霊的真理を学び直すチャンスととらえ直して、改めてシルバーバーチの霊訓を紐解くように教わりました。

 

欲望というものは、来ては去って行きます嵐のようなものです。霊訓に没頭しています間に過ぎ去ってしまいます。

 

 

ベストタイミング

 

いま何が一番大切でありましょうかと問われますと霊的真理を学び、それを実践しますことと言えます。

このほかにはありません。すでに三十年以上も前から、それに取り組んでおられる人たちがいるのです。

 

いち早くシルバーバーチの霊訓と出合われてその探求に邁進され、現在は活発に活動されておられます。

遅ればせながら私もようやくスタート地点にたどり着き、こうして霊的成長の道を歩み始めたところです。

 

探し求めていましたのに、これまでどうして「スピリチュアリズム」に目を留めなかったのかと不思議に思うときがあります。

まだ出合う時期ではなかったとはいえ、それまでの道は長かったような気がします。もう他のことに構う時間はありません。

 

と言って残念に思ったり焦ったりする必要のないことも明らかであり、私にとっては今がベストなタイミングと言えます。

 

 

最高の叡智から学ぶ

 

着実に霊的成長をめざしますには、霊界にいるかのように過ごしますのが一番のようです。

そうするためには霊的知識でしっかりと精神統一して、様々な邪念を排して行かなければなりません。

 

現在、人類が手に入れることのできる最高の叡智と言われます「シルバーバーチの霊訓」を学んでいるところです。

最初の入門偏にあたります「シルバーバーチは語る」から読み進めております。

 

百年ほど前にロンドンの一室で始まりました霊界からのメッセージを、いま紐解いているのです。

数百年後に、そのメッセージが地上の隅々にまで行き渡っていますのを想像しますと、感慨無量の心境となります。

 

どんなに素晴らしい世界が展開していますことでしょう。それを目の当たりにします日が、待ち遠しくてなりません。

自分もその頃には霊界での利他愛の実践もかなり積んで、見通せます視野や思考能力もいまの比ではないと思われます。

 

 

心の成長

 

幸運にも人生の指針となり得ます「シルバーバーチの霊訓」に出合いましたが、学んだことを日常で全くと言っていいほど生かしていないのに気づきました。

どのように実践して行くかという観点で、改めて学び直す必要があります。

 

霊的成長を人生の第一目標に据えているのですが、肝心の「霊的成長」が今ひとつピンと来ません。

霊的成長とは心の成長と解釈しても、当面は差し支えないようです。

 

その後、心の中をのぞいてみましたら、我欲に突き動かされました自己中心の考えが渦巻いていました。

人に役立とうという発想は、どこにも見当たりませんでした。

このような状態からしまして、改善して行きます筋道が何となく見えて来るような気がします。

 

心が成長しますとは、どういう意味でありましょうか。

自分のことしか眼中になかった貧しい心が、人のために尽くし奉仕する豊かな心になるということでしょうか。

「利己主義」に染まった心は、いかにして無私の心へと至れるのでしょうか。

 

 

スピリチュアリズム

 

死後の世界がありますことを大半の人たちは気づいていません。それを信じていますのは、ごく一部の人たちだけでしょう。

自分自身も最近になりまして、その存在を確信できますまでになりました。

 

そういう意味では信じていない人たちが多いのも、少しも不思議でないようにも思えます。

それまで死後のことについて関心はありましたものの、それに関連した書物を読んでみましても、本当にそうなのだろうかとずっと半信半疑の状態でありました。

 

しかし、シルバーバーチの霊訓をはじめとします一連のスピリチュアリズムに出合いまして、語られています内容に心を打たれたのです。

まさに知りたかったことが詳しく書き記されていました。

それ以来、私に取りまして死に関します恐れは全くなくなってしまったのです。

 

 

自分中心を改める

 

霊的成長こそが、長いあいだ探し求めていました道であります。シルバーバーチの霊訓に出会いまして、それに確信が持てました。

この道を歩み、すべてを託したい気持ちが益々大きくなりつつあります。

 

なるべく高い視点に立って物事を考え、できるだけ広い視野を持って世の中を見るように心がけています。

永遠に生き続けることを思いますと、つかの間に過ぎない地上での人生で、少しでも人に役立ったと胸を張って言える人間でいたいと望みます。

 

染みついています自分中心の習性を何とかしなければなりません。

一つ一つそれに気づくことから始めて、次からこうしようという風に改め決めてかかることにしました。

 

例えば、毎日の車を運転します自分の行動の中に、自己中心的なところが随所に見られます。

こちらのほうが優先だからという理由で、思い上がった気持ちになって運転している場合が多いのです。

 

何度か、右折車に道を譲ったほうがいいと思ったら即、実行しました。

自己中が改まるまでは、意識してハンドルを握らなくてはなりません。