「ウィングメーカー」タグアーカイブ

幻想の世界

 

霊界通信などによりますと、この地上界とはつかの間の世界であり、あの世での生活を送るための準備期間であると記されていました。

死後に訪れます霊界におきまして、はじめて本当の人生がスタートするのだと思っておりました。

 

ですから、これまで死後の世界について、できるだけ学ぼうと努力して参りました。

ところが、ウィングメーカーの「ネルダ・インタビュー5」を読み返していましたら、とんでもないことが書かれていたのです。

 

死後の世界も物質界と同じ幻想の一部であり、プログラムされた世界に過ぎないとあるのです。

この世とあの世も本当の世界ではないとの指摘に、即座に信じるか信じないかはともかく、とても困惑してしまいました。

 

いったい何が真実なのかが、わからなくなって来ますのも正直なところです。

果たして、この幻想から抜け出す方法はありますでしょうか。

 

たとえ、それがとても困難な道だとしましても、幸いなのは幻想である事実に気づける機会を得ましたことであります。

すべてが現実のものに見えるようにプログラミングされていますのに、それを知らずにいる状態を避けられたのですから。

 

 

ネルダ・インタビュー5(2)

 

実際はそうでないのに人間の知覚と脳とが、あたかもそうであるかのように解釈している、つまり幻想を作り上げているというのは以前から知っていました。

しかしながら実際に目でとらえます一つ一つの映像は、実にリアルで現実味があります。

 

ですから普通の意識状態でいます限り、感覚を通して得たものがまったくの幻想であるとはとても信じられないのです。

プログラミングされた生き方を、これまで一瞬たりとも疑うことなく受け入れてやって来たのです。

 

「ネルダ・インタビュー5」におきまして、この幻想から抜け出すためには一人ひとりが目を覚まして、目覚め続けた状態でありますことが重要だと言っています。

そして何よりも新しい行動体系を持ちまして、「個であり全体である」という在り方を実践する必要があると言うのです。

 

まず、どのようにして新しい行動体系を作り、それをどう実行して行きますのかがポイントのようであります。

 

 

ネルダ・インタビュー5

 

ウィングメーカーの「ネルダ・インタビュー5」を改めて読み始めました。

このインタビュー5におきましては、根本的な幻想についての情報を提供しています。

 

以前にも読みましたのに、そのときのことは何ひとつ覚えていないのです。

その頃の自分にとって、まだ読むべきときではなかったのでしょうか。

 

いま改めて読み進めてみますと、もう鳥肌が立つほどの内容に衝撃を受けています。

はじめの部分で語られています、次の言葉です。

 

人間の意識が、実際にはそうでないものを現実として知覚するようプログラミングされていることです。

いったい誰が何のためにプログラミングしたのでしょうか?

 

この本の最も重要なところですが、かけられていますプログラミングをどのようにして破るかについても述べられています。

この現実世界だけでなく、死後の世界も幻想の一部であると言うのは実に驚くべきことです。