「やり続ける」タグアーカイブ

こうなりたいと思う自分にいま、なる

 

やり続けることが大事だとわかったのですが、なぜ今までそれができていなかったのかを考えてみました。

ある一つのことをやっていても壁にぶつかったりすると、ほかのことを考えそっちのほうがいいのではないかと思って、やっていることを途中でやめてしまう。

 

熱しやすく冷めやすい性格もあって、そうやって次々とほかのことをやり始めるというパターンだったように思います。

理想はやり通す意志の強さを求めながら、実際には反対のことを行っていたことがわかりました。

やり続ける行動の中にしか、積み重ねの真の意味は学べないことがいまようやく理解できたのです。

 

 

未来の成功は今から始める

よく言われることですが、未来で成功するかどうかは今という時をどう過ごすかで決まるということです。

やるべきことを先送りしたり、先につながらないことをやっていたら当然、成功するはずがありません。

そうではなく目ざすことだけを考え、どうすればそれができるのかを四六時中問い続け、何でもとにかくやってみる、やり続ける、これに尽きるように思います。

 

 

未来は選び取るもの

 

そして、自ら率先して挑むということもいつの時代にも言われていることです。

自分の未来というものは、現在の自分のあり方の延長線上にあるものなので、描いた理想の未来をいまここで生きること、

これが最短最速で夢を手にする全てで、このやってみることとやり続けるという行動が決め手だということです。

 

 

なぜ、これをやっているのか

いつまで続けられるかわかりませんが、ひとつひとつ積み上げていくことの大変さ、楽しさが伝わればいいと思います。

最近、先の結果よりも日々の積み上げる行為そのものが尊いものだということに気づきました。

 

それはやり続ける行為の神聖さというものに触れ感じられたと言ってもいいかもしれません。

積み重ねた結果というのはその積み重ねへのご褒美のようなもので、そのプロセスにこそ価値があるということです。

 

 

習慣になるまで続けます

 

人間って何回も言われないとやらなかったり出来なかったりすることがよくあるのではないでしょうか。

やってしまえばどうってことがないのに、何で今までやらなかったのだろうかとさえ思ったりします。

 

私もついこの間もそういう体験をしました。この動画を撮ることがそうだったのです。

師匠の方から何度もやったらいいと言われていて、ようやく今月から動画を撮り始めたのです。

 

やってみてそのとき思いました。もっと早くからやっておけばよかった!と。

今回のやって欲しい作業はそこまで思ってもらえるかわかりませんが、続けていけば結構オモシロイと思います。

 

自分のスキルも上がり、いずれはいろんな嬉しい反応も返ってくると思うからです。

そういうことがわかるので、あきらめないで何回も言い続けることができます。

 

 

完璧を求めないで、やる!

何でもいいのですが、はじめてやることでいくら頑張っても最初から上手くいったためしはないということです。

でも、はた目を気にしたりプライドが許さなかったりで何とか完璧をめざそうとしがちです。

だから途中で嫌になり投げ出したりしてあきらめてしまう結果になるのです。

 

恥ずかしくても不完全であったとしても、とにかくやり続けて数をこなすことがすべてだということです。

初めから時間や労力を費やし、どんなにいいものができたとしても大したことはないのです。

だから失敗作でも駄作でもいいから、まず積み上げていくことが一番大事だということでした。