「自己との関係」カテゴリーアーカイブ

自己を信頼 自分自身をもっと知る

心の内側の光

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの著書「自己信頼」に、次の一節があります。

人は、詩人や賢人の世界の輝きよりも、

自分の心の内側できらめくかすかな光を見出し、

それを見守るようにしなければならない。

 

今後、何かのきっかけにより琴線に触れるような経験をしましたときには心したいと思います。

内にともりました灯火を見つけ出して、それを消し去らないよう大切にして行きたい。

 

普段におきましても、わずかでも心に染み込んで来ます印象には十分に注意を払うようにします。

そこから自然に湧き起こってきます考えを口にしましたり書いたりしまして、以降はそれに従って生きて行くようにいたします。

 

その考えというのは、どんな立派の人が語った人生の教訓よりも自分にとって価値の高いものなのです。

無心になって内なる声に耳を傾けますだけで、かけがえのないそのときその場に、もっともふさわしい導きが得られるのです。

 

一日の内、少なくとも一度はパソコンの電源を切って本も閉じたまま、静かに自分と対峙します時間を持ちたいと思います。

 

 

真実は自分の中に

 

自分にとっての真実が誰にとりましても真実でありますとは、どのように受け取ればいいのでしょうか。

もちろん、自分は間違った考えをいっさい抱かないと言っているのではないでしょう。

 

自分には真実だと確信しています事柄を語りますことで、それはすべての人々にとっての真実へとなって行くという意味なのでしょうか。

もしも確信している事柄を自分が語らなければ、誰かが語り出してそれがすべての人の真実となるであろうと言うのでしょう。

 

真実は、分け隔てなく誰にでも訪れているものです。

いち早くそれに気づいて自覚した後、意識してその真実を語れます人が発案者となるのだと思います。

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの著書「自己信頼」に次の言葉があります。

おのれのほかに求むることなかれ

自分が感じ思いますことを軽々しく否定しないようにして、真実はつねに自分の中にありますのを忘れないでいることです。

 

 

自己を信頼する

 

自分を信頼しているとは、どういう状態なのでしょうか。

心の底からやり遂げたい望みは、必ず実現できますのを確信しています。

すべての生命とのつながりを自覚していて、あらゆるものを敬い尊びます意思で満たされています。

 

人から何かをしてもらうのを待つのではなく、自分のほうから与えられます何かをいつも考えています。

内から湧き出ます感情を、どのような形で表現できますかに関心を持っています。

 

それにしましても一番身近であるはずの自分自身に対しての信頼を、いとも簡単に忘れ去ってしまいますのは、いったいどうしてなのでしょうか。

自分を信じない生き方を選べば、どのような人生が待ち受けていますかを学んで、そこから再び信頼を手にしますために奮闘せざるを得ない状況を作り上げるのでしょう。

 

これまで確かに信頼心の欠如によって、さまざまな不安や恐れなどを数多く経験して参りました。

それでは、信頼を取り戻し、それを揺るぎないものにして行きますには、どのようにあればいいのでしょうか。

 

ラルフ・ウォルドー・エマソンの「自己信頼」に、次の一節があります。

『自分の考えを信じること、自分にとっての真実は、すべての人にとっての真実だと信じる――それが天才である。

 

心の中で確信していることがあるなら、声に出して語るがよい。

そうすれば、それは普遍的な意味を持つようになるだろう。』

まずは自分が抱く考えを徹底して信じて行く、これが一つの突破口になりそうです。

 

 

無知に気づけるか

 

ジェームス・ヴァン・プラグ著の「人生を、もっと幸せに生きるために」に次の一節があります。

私たちは、日々の雑事に追われながら人生を生きていることがあまりに多い。

 

実際に、たくさんの人が「やるべきこと」のリストを作っている。

私たちは、ある心の状態でいることよりも、何かをやること、得ること、作り出すことに没頭している。

 

毎日の習慣ともいうべきものでありまして始終、何かを行い、何かを作り出しますのに余念がありません。

未だ、ある心の状態にいいますのが、どれほど重要でありますかに気づいていないのを知ります。

 

自分の最大の課題であります、自分自身と周りの人々に対して、あるがままに信頼しますのを見失ってばかりいるのです。

心を無条件の信頼で埋め尽くしますのが、これほどの困難さを伴いますのを思い知ります。

 

相も変わらず自分の内面については知ろうともしませんし、何が大切なのか、あきれますほどにわかってはいないのです。

自分が無知でありますのに、それにさえ気づかず無知の状態のままでいます。

 

 

無条件の信頼

 

数年前のNHK大河ドラマ「真田丸」の中で、次のように語っていました。

先が読めない時代でありますからこそ、いまを必死に生きるしか道はないのです。

 

この言葉は現代におきましても、十分に通用するのではないでしょうか。

つまり、いつの時代でありましても先を読みますのは困難きわまりない、それが実情と言えましょう。

 

ですから先を案じますよりも、いまやれますことに全力を傾ける、それ以外に進む道はないとわかるのです。

どこまでも自分を信じて、突き進んで行くのみであります。この自分自身を見限ることがあっては決してならないのです。

 

この世で生を受けています限り、何がありましても最後の最後まで自分という存在を信頼しつづけるだけです。

自分を信じ切るという思いに、どういう意味を込めればいいのでしょう。

 

この自分自身の本質の部分を信じて、ありのままを精一杯に生きます。

いまもこうして私を通しまして、脈動しております大いなる存在を感じており、無条件の信頼がそこにはあります。

 

 

自分と向き合う

 

内面に向かいますのに、体外離脱します必要性はもちろんありません。

しかし内面の旅といいますと、意識が肉体から離れ様々な体験をしますようなことが書かれています。

 

本来の自分に立ち帰るわけですから普段通りのままでは、魂を揺さぶる出来事に出会いますのはまず期待できないでしょう。

意識拡大の突破口となりますのは、さし当たり黙想を深めていきます以外に考えられません。

 

リラックスして身体の力を抜いていきまして、なるべく肉体の重圧から自分を解放しなければならないのです。

抱え込んでいますあらゆる執着から自分自身を解き放ち、呼吸を整えていきます。そして祈ります。

 

ただあるだけの状態に、自然とたどり着けますように。努力したりせずとも、そうありますように。

内面を意識する

 

自分の内面をどのようにして探求して行けばよろしいのでしょうか。

自分自身の内側に意識を当てますと、あれこれと思考が飛び交っていますのがよくわかります。

 

観察モードを維持していますことで、それらは収まって行き静寂が訪れます。

そこにどれだけの間、留まれますかが試されていますようにも感じます。

 

あまり長くは続かずに、意識は別のほうへといつの間にか移っていましたのを後で気づきます。

恐らくはこういった経過を何度も経まして、ようやく内面を意識しつづけられますようになるのだと思います。

 

ですから、気がついた時にはいつでも内面へと入って行くように心がける必要がありそうです。

黙想の場合にはしばらく内側に焦点を当てられるのですが、以前ほどの時間は保てない状況にあります。

 

なぜだろうかと思いましても、よくわからないのであります。

たとえ少しの間でありましても、幾度も内側に入ってみます以外に方法はいまのところ見当たりません。

 

 

内面への探求

 

なかなか分離の状態から抜け出せないでいます。

すべての存在とは、そんなにかけ離れてはいないという確証がどうしても得られないのです。

 

いまの自分という意識と魂は一つでありますのに、その実感はまったくなく強く意識しなければ気づくことすらないのです。

必要な情報は外にあるのではなく、すべて自分の内側にあるとよく言われています。

 

いくら書物やネットなどの外側に答えを追い求めましても、内側の空白を満たされますことはありません。

人々の体験談をいくら読みましても参考にはなりますが、自分の血肉となりますものではありません。

 

自らがその場を経験しなければ、どのような叡智も得られないのです。

どうしましたら叡智につながります体験へと入っていけるのでしょうか。

 

そのためのきっかけとなります何かがあるはずです。

「求めよ、さらば与えられん」という言葉が示しますように、どんな些細な願いごとでありましても求めなければ与えられません。

内面への探求へと入って行かなくてはならないところへとやって来ました。