善とか悪で測れない

 

私にしか伝えられないことがあるとしましたら、いったいそれは何でありましょうか。

たった一つ、これだけは自信をもって言えるかもしれません。

 

世界中にどれほど多くの人がいたとしても、私自身が歩んで来ました道は、私以外に語れる人はいないのではないでしょうか。

数え切れないぐらい間違いをおかして来ましたが、それでも何とか今日まで生きて来られたのです。

 

それこそたくさんの人たちの援助と宇宙のサポートを受けまして、どうにか無事に乗り越えて参りました。

仮に、もう一度人生をやり直せるチャンスがあったとしましたら、果たして同じような道を自分は選択しますでしょうか。

 

おそらくは、今生とは別の道を選ぶような気がします。

これまで人生を貫く明確な目的に沿って歩むという生き方からは程遠い、成り行き任せで過ごして来たように思うのです。

 

ですから、一つ一つの選択において違った考えや見方でもって対処しますに相違ないのです。

それは正しいとか正しくないとかで測れるものではありません。ある意味では、どれもが全部正解なのですから。