自分と向き合う

 

内面に向かいますのに、体外離脱します必要性はもちろんありません。

しかし内面の旅といいますと、意識が肉体から離れ様々な体験をしますようなことが書かれています。

 

本来の自分に立ち帰るわけですから普段通りのままでは、魂を揺さぶる出来事に出会いますのはまず期待できないでしょう。

意識拡大の突破口となりますのは、さし当たり黙想を深めていきます以外に考えられません。

 

リラックスして身体の力を抜いていきまして、なるべく肉体の重圧から自分を解放しなければならないのです。

抱え込んでいますあらゆる執着から自分自身を解き放ち、呼吸を整えていきます。そして祈ります。

 

ただあるだけの状態に、自然とたどり着けますように。努力したりせずとも、そうありますように。