鼠径ヘルニア 3

 

手術が終わりました。信頼し委ねる気持ちでおりましたので、実際に始まりますまでゆったりと待つことができました。

病院の先生方、スタッフの方々はとても親切に応対していただきまして感謝しています。

 

全身麻酔しましたお陰で、手術は難なく通り過ぎて行きました。

その間のことは覚えていませんが、気がついたときには終わっていました。

 

それまで断続的に意識が戻り始めていましたのを、途切れがちな印象として残っています。

回復室に運ばれましてもまだ麻酔が効いていますのか、傷口の痛みはまったくありませんので安心しました。

 

その後の数時間を眠ったり付き添いの家内に話しかけたりしまして、通常の状態を取り戻して行きました。

外はあいにくの雨模様で低めの気温の中で、無事に日帰り手術を終えまして、おぼつかない足取りで帰宅いたしました。

 

前日の昼食以来ですので、格別お昼の食事が美味しく感じられました。

明日からの仕事に備えまして、残されました時間を横になってゆっくりと過ごしました。

 

痛み止め薬をいただきましたが、帰りの道中で服用しましただけで、それ以降は下半身に力が入りますときに痛むぐらいで済んでおります。