信頼を生きる

 

些細なことでうまく行きませんと、なぜかイライラしています自分に気づく機会がよくあります。

ずっとその原因が何なのかわかりませんでした。マイケル・J・ローズ著「幻想から覚醒へ」に、次のような言葉があります。

 

完全に自分を信頼している人の数はとても少ない。

これまで信頼の大切さをわかったつもりでいましただけで、何ひとつ信頼して来なかったという事実に気づきます。

 

もし無条件に人生や自分自身を信頼していましたなら、もっと違った人生の展開になっていますのは確かです。

信頼ではなくて、ずっと恐れで生きて来ましたことを認めなくてはなりません。

 

どのように生きればいいのか、そのヒントは次の言葉でした。

私たちは創造を学ぶためにここにいる。

信頼したいなら、信頼をつくり出さなければならない。

 

どのようにして信頼をつくり出せばいいのでしょうか。

どうあっても自分を信頼しつづけると決めなければならない。

と言います。

 

たとえば1時間ごとに信頼を意識すると自分に約束して忘れたとしても、また同じことを決めます。

翌日も同じように行い、できるだけ信頼しつづけます。

 

まず何よりも、つづける力を活用して行かなくてはなりません。

実際に信頼を生きて、信頼を深める必要がある。