人を思う心

 

自分の気持ちというのは、相手に通じている場合があります。

ある人に少し厳しい言葉を言いました後、すぐに優しい心を取り戻しますと、それはその人にも伝わっていました。

 

この体験から言えますのは、自分の心の有様が特に対人関係では重要な要素となっています。

批判的な態度を一変しますことで、それまでの関係は一挙に好転しますのは明らかです。

 

相手がどうすればできるのかを、一緒になって考えます姿勢も大切でした。

普段から心に余裕がありませんと、そこまで踏み込むのは難しかったでしょう。

 

相手を気遣い、幸多からんことを思う心の余裕です。

自分のことよりも人のためを思う領域が、心の中にどれほど多くありますかです。