地上的な生き方

 

本能のまま、あるいは欲望に従い生きますなら何ら動物と変わらなくなります。

霊優位の生き方をめざすべきなのですが、なかなか思うようには行きません。

 

まだまだ満たされない思いが渦巻いておりますのが現状です。

ところで、死を迎えました人がまず赴くところは、地上界とよく似た幽界またはブルーアイランドと呼ばれています。

 

そこでは望みましたことが、すぐ現実となる世界であります。

まさに天国のようなところなのですが、そこで思う存分に欲望を満たしきった後で、誰もがその空しさに気づき飽きてしまうということです。

 

心は自ずと精神的なものを追い求めるようになると言うのです。

段階を踏んで地上的な欲望や喜びから卒業し、新たな霊界の世界へと進んでいくのです。

 

一部の人々を除いて誰もが幽界で過ごした後に、霊的な生き方へと旅立っていくわけです。

ですから望むことを無理矢理に捨て去らなくても、いいのではないかと思うのです。