なぜ霊的真理を学ぶのか

 

霊的に生きるとは、霊的真理に沿った生き方を心がけることだと思うのですが、その霊的真理とはどういうものかが全くわかっていませんでした。

この宇宙のあらゆるもの、森羅万象に働いています普遍的な法則であり摂理のことでありました。

 

ですから本来、霊的真理に反しますような出来事は自然界では起こり得るはずがありません。

ところが人間だけが自由意志の行使できます範囲内において摂理から逸脱し、そのツケを後で支払うようなことをやっています。

 

つまり、人間は摂理に則った生き方を自ら選択して行かなければならないと言えます。

それは霊的成長につながって行く道でもあるように思います。

 

霊的真理について学ばなければならない理由も、そこにあるのではないでしょうか。

宇宙を貫いています偉大な法則、調和に満ちたその絶妙な摂理を知る特典が人間に与えられているようにも思えるのです。