ゆっくりとしか身につかない

 

新しく得ました知識は、焦らないで一つずつ日常生活で応用して行けばいいわけです。

例えば、生命は永遠に生き続けるという真理があります。

 

永遠の時間が与えられているということは、どう考えて行けばいいでしょうか。

どんな人間であっても理解して活用できるようになるまで、とことん学べるということだったのです。

 

納得の行くまで試行錯誤してもよろしいですし、そのための時間はいくらでもあるということなのです。

知識というものは行動に移してみてそれを感じ取り体験して、はじめて身につくと言われているのです。