寄り添う生き方

 

他人という存在に対しましての、より深い理解ができますまでは、利他愛の思いが内から自然に浮かび上がって来ますことはないかもしれません。

理解を広げますには、利己性を少しずつ手放して行く努力が欠かせないように思われます。

 

他者に対しての自己の振る舞いがいかに批判的でありますかを観察し、自分を正す重要性に気づかなければなりません。

そして、全くの中立の立場で人と接します課題をクリアして行く必要があります。

 

相手が言っています内容や言葉に左右されないで、その人の気持ちに寄り添う生き方ができますかどうかなのです。

相手の心の声にどれだけ耳を傾けられますか、が問われていると言えます。

 

意識の根源的な部分に焦点を当てるようにして、外見や表面上の出来事にはとらわれないようにします。

他者をより深く理解しますには、相手との本質的なつながりに意識を向けて、一体感をどれほど多次元的にとらえられますかにかかっているように思われます。