死後の様子

 

死後の世界を知れば知るほど、今の人生を無駄にすることなく有意義に過ごしたいという思いが増して来ます。+

臨死体験をされた人たちも死後の世界に触れてから、生き方が劇的に変わりましたと「かいまみた死後の世界」、

「死後の世界が教える、人生はなんのためにあるのか」、立花隆氏の「臨死体験」などの本には書かれています。

 

どの人もそれ以降、死を恐れなくなって愛情深い心で人に接するようになったと言われています。

ですから、地上界で生きて行きますには、誰もが死後の世界についてきちんと理解しておく必要があるように思います。

 

私たち人間は、肉体がすべてではなく、肉体をまとった霊的な存在でありますことを押さえておかなければなりません。

その本体には霊の心がありまして、高度な意識活動はそこで行われていると言われているのです。