自分自身に問う

 

「自分の中に毒を持て」では、自分自身の最大の敵は、他人ではなく自分自身だと言い切っています。

事実その通りでありまして、認めないわけには参りません。

 

少し考えてみればわかりますが、小さな事柄から大きな決断まで、日常ではそれこそ瞬間瞬間、選択に迫られているのです。

そして気づかないうちに、いろいろ言い訳をしながら楽な方を、あるいは安全な道を選んでいるケースが大半です。

 

著者の岡本太郎氏は言います。

『ぼくが危険な道を運命として選び、賭ける決意をはっきり自覚したのは二十五歳のときだった』

『それまで、ぼくでもやっぱり迷い続けていた』と。

 

やがて『人間の本当の生き方は…もっとひろく、そしてもっとぎりぎりの、自分という人間の全存在、

生命それ自体が完全燃焼するような生に賭けるべきなのではないか、

そういう自分自身への問いに全身でぶつからずにはいられなかった』

と語っています。

全くのところ、自らの根源的な問いに全身でぶつからなければ、いつまでも迷い続ける習癖を断ち切ることができません。