人生は短い

 

どんなに長く寄り道をしましょうとも人間であります以上、いつかは霊的成長の道を歩み続けます運命にあるようです。

最終的に目指すべきところは、すでに決まっているということなのです。

 

ほかにやりたい事柄があります内は、それを手放して忘れ去るのはとても難しいものです。

無理に押さえつけようとしましても欲求不満に陥るだけでして、そんな状態ではどんな崇高なこともできません。

 

やり残しがないように、やり遂げたい目標や望んでいます夢などを思う存分に追い求め、叶えればよいのです。

そして、もう十分にやれた、飽き飽きして来たと言えるような境地に至りましたら、そこから霊的成長をスタートさせればいいのです。

 

ただし、この地上で個々に与えられています時間はわずかであり、人生はあっという間に終わってしまうものです。

この世を去りますときになって、人生を本当に価値のあることに費やさなかったと後悔しても遅いと思うのです。