霊的真理を学ぶ理由

 

臨死体験をした人たちの多くが、自己中心的な人生の間違いに気づくようです。

そして、人のためになることをして人生をもう一度やり直したいという思いを強く持つと言います。

 

あの世に行って自分がいかに愛されていたかが痛いほどわかり、是非ともそれに報いたいという心境になったのだと思います。

絶大な愛の恩恵に何としてでも応えたくて、そうした愛を人々に与え尽くしたいと願わずにはおれないのではないでしょうか。

 

物質界にどっぷり浸かっていますと、たくさんの愛に包まれ浴していますことになかなか感じ取れないのです。

個別意識が強くて、自分と他人という分離感が骨の髄まで行き渡っていますのが現状です。

 

私たちが等しく、神の分霊の宿る兄弟(姉妹)でありますとは容易に思えないのであります。

地上界にいる間に、一から霊的真理を学ばなければならない理由はそこにあります。