死後も存続する事実

 

現在において死後の世界を信じない人々が大勢おられますことに不思議な気がします。

以前の自分がそうでありましたように、心霊現象としての数々の「霊界通信」の存在をご存じないからでしょうか。

 

広くその信憑性が認められています、他界した人たちから送られてくるメッセージの内容を読めば、死後も霊魂が存続しますことが一目瞭然ではないかと思うのです。

もし、こうした歴史的に検証されて来ました膨大な証拠を頑なに認めないとするなら、事実に対する偏見と偽りの思想に毒されているのではないかと言わざるを得ません。

 

もっとも数百年後には、スピリチュアリズムが万人の認めるところとなりますのは確実でありましょう。

近い将来、これまで信じ込まれて来ました唯物論や科学万能主義などの誤った考え方を捨てて行くことになりそうです。

また、五感でとらえるものがすべてという物質至上主義の間違いにも多くの人々は気づいて行くことでしょう。