人の役に立つ

 

どうしましたら人の役に立てますでしょうか。これを絶えず口癖にして行かなくてはなりません。

ときに、それは荷造りの手伝いでありましたり、相手の見落としていますことをそっと代行したりしますことであります。

 

人と接しています限りは、探せばいくらでもありますのに気がつきます。

要するに、人の役に立とうという気がありますかどうか、それをすぐ実行する意志がありますかどうか、だけなのです。

 

そういう気持ちを持ち続けますには、どうあればいいのかを考えてみました。

人々に対して関心を持つようにして、相手への気配りをつねに心がけます。

こうして生かされています感謝の気持ちを態度で、あるいは行動面で表します。

 

この世でしか価値のないモノには執着せず、何が大切なのかを決して見失いません。

どのような無理難題にも不平不満を持つことなく、誠心誠意を尽くして対処します。