真理を学ぶ環境

 

知識を得れば得るほどに、その奥の深さに圧倒されますが、同時にその知識に対する責任も薄々感じておりました。

それにもかかわらず、もっと学びたいという思いを押し留めますことはできません。

 

霊的真理への渇望は、ほかのどんなことよりも切実で重要であると認識しています。

そこまで理解できたのです。無知から脱却しますときが、自分にも巡って来ましたのを実感しています。

 

しかし戒めとしまして、いかなる真理でありましても心の奥底まで届きますように徹底して学んで行かなければなりません。

上辺だけをかじっただけで終わらせては、何の価値も得られず何も変わることはないからです。

 

真剣勝負で向き合う覚悟がなければ、真理を求めます資格はないと言わざるを得ません。

ほかの全てを捨てましても、真理を取りますという固い決意が必要とされます。

 

また、知ってしまった以上は知らなかった状態に二度と戻れず、より大きな責務も伴って来ると自覚していなければなりません。

これらの条件が整いまして、ようやく真理を学ぶ環境ができ上がったと言えます。