無知に気づく

 

自分がどれほど無知な状態でありますかに、普段は気づいていないケースが多いように思います。

致命的なのは人間そのものについてほとんど何も知らないという、その自覚がないことです。

自分自身のことでさえも、よくわかっていません。

 

ですから何のために生まれてきたのかを知らず、ただ食べるために生きているのが現状です。

ときどきは人生について考えてみますが、限られた思考力と知識の中では納得の行くような結果は得られないのです。

 

そうした中で、自分が霊的に無知でありましたのに気づけましたのは、何と幸運でありましょうか。

霊的真理に目覚めて霊的に成長して行きますにつれて視野は広がり、必要な知識も得られるようになるのです。

 

こうして生かされていますこと自体が常に見守られ、愛されています証拠と言えます。

人間の成長というものに限界がありませんので、どこまでも、より高い境地へと行けるのです。