喜ばしい出来事

 

死によって全てが終わるのではなく、この世で生きるために使っていた肉体を脱ぎ捨て、新たな霊界での生活に旅立っただけなのです。

ですから死は悲しむべきことではなく、むしろ次の人生の門出なのであり祝福すべき喜ばしい出来事と言えます。

 

そうした事実を知らされていませんので、人は死の宣告を受けたり親しい人を亡くしたりしますと悲嘆に暮れてしまうのです。

死の本当の意味を知らないことこそ、悲劇と言えるのかもしれません。

 

死を忌み嫌って、タブー視して来ました風潮そのものが間違っていたのです。

これまでの死に対する暗いイメージを払拭して、これからは死を前向きに受けとめるように意識を変えて行かなければならないと思います。