目的に沿った生き方

 

自分がそもそも霊的な存在でありますのを、しっかりと理解しておく必要があります。

自分は少なくとも、いずれは朽ちて行きますこの肉体でないことだけは確かです。

肉体は乗り物のようなものであって、用がなくなれば捨てて行くものでしかありません。

 

そうは言いましても、地上世界で生きて行くためにはなくてはならない大事な身体です。

和食主体の食事に心がけて運動を欠かさないなど、身体の健康管理には充分に配慮する必要があります。

 

もう一つの注意点としまして、入って来ます情報についても監視して行かなければなりません。

どうでもいいことにこだわり過ぎまして混乱状態におちいり、自分を見失いますのが常でした。

 

人生の目的がはっきりしました以上は、それ以外のことに構わないようにしなくてはなりません。

限られた時間と労力を無駄にしてはならないのです。