生かされ愛されて

 

この地上世界を生きて行きますのに、なぜこれほどまでに過酷極まりないのでありますのか。

それは、死後の本格的な生活への準備を行う場として、最もふさわしいということなのです。

困難な中でこそ飛躍的な学びが得られ、霊的成長が促進されるからだと言います。

 

確かに、この世界が愛を必要としていますのは事実であります。利己主義がはびこっていますからこそ、利他愛が求められています。

そして何よりも気が付いていなければいけないのは、たとえどんな厳しい状況下に置かれましても、自分は生かされ愛されていますことです。

 

それを絶えず意識して、感じ取って行かなければなりません。

どのような間違いを犯したとしましても、決して見捨てられることもないのです。