全ての人の幸せ

 

毎日、為すべきことを淡々と行ってはいるのですが、自分がかつて生まれるに際して取り決めたこともきちんと行っているであろうかという思いが片隅にあります。

それはクリアしたという覚えも自覚もない以上、まだ実行まで至っていないように思われます。

 

これに関しましては魂に関わる部分でもありますので、自我意識がどんなに力んだところでどうしょうもないとも言えます。

そのタイミングが訪れましたなら、黙って付いて行くだけで精一杯かもしれません。

 

こうして不自由もなく過ごせまして、健康体でいられますのは何という幸せなのでありましょうか。

慎んで全ての人の幸せをお祈りいたします。感謝申し上げます。