異質性の受け入れ

 

霊界では意識状態が同じレベルの人たちとグループをなし、心は一つだと言います。

それでいて個別性は失われていないと言われておりますが、そこがよく理解できないところです。

 

もともと波長の合う人たち同士ですからお互いの繋がりも強く意識できますし、一つになれるのもそんなに難しくはないように思われます。

ある意味では自他の区別もないわけですので、どの人も自分の一部であって他人とは思えない心境にあるでしょう。

まさに友愛の情が自ずと湧き出て来ることと思います。

 

問題は波長の異なる人たちと、どうやって心を通い合って、一つの心境になれるかです。

自己との個性の違いを意識し過ぎて、その異質性から相手を他者として認識する傾向があり、どうしても一つとは思えない状況に映るのです。

それをどのようにして克服していくのか、それを学べる場にいるわけです。