気づくことから

 

この世界において、霊的に生きるのは非常に困難な状況であります。だから逆に大きな霊的成長が可能なのだと思えるようになりました。

乗り越える山がありますからこそ、乗り越えるという経験ができるのです。何もないところで成長するということのほうが難しいのではないでしょうか。

 

どうすれば人間の真性をいつも忘れないでいられるのでしょうか。

一つは現象面での出来事や自分の振る舞いを、当事者の目線から観察者の目で眺めるように努めることです。

二つに、自己中心的な考え方をどれだけ改めて行けますかです。

 

まずは、自己本位で動いていたり、考えていたりしたとき、いち早くそのことに気づくように心がけます。

自分で自分の考えや行いを終始、観察し続けられますように気をつけます。