いまという瞬間

 

ふとあるとき、すべてのことを頭から追い出して目をつむり、いまという瞬間にフォーカスしてみました。

しばらくそのまま、その状態でいると、何とも言えない安らぎと充足感を感じるではないですか。

そして、ここにこそ『すべて』があるように思えたのです。

 

あらゆる迷いや不足とか不満などが一気に消え去って、心は『すべて』で満たされていることに気づきました。

心身ともに癒された思いになり、自分は何者でもないことに気づくのです。

 

それは真実の私に一番近いものであること、私という内なる宇宙にあらゆるすべてのものが在るという感覚でした。

雲をつかむような取り留めのないことだと思われるかもしれません。

でも、心を空っぽにして試していただければ、何となくわかっていただけるのではないかと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です