望むことを考える

 

これまでずっと言われて来たことで、書名にもなっている「人間は自分が考えている通りの人間になる」という言葉があります。

それを単に知識としてではなく、実感として真実であることを理解し始めたところです。

 

それまでの自分は、望むことよりも望まないことばかりを考えて来たように思います。

そうして望まない結果を引き寄せていた間違いに気づいてから、考え方を改めることが出来たことは幸いでした。

 

最終的に行きつくところは、望む望まないとか、いい悪いなどを越えて、すべてをあるがままに受けとめられるものでありたいと思います。

それまでは望むことや好きなこと、良いことだけを考えて、それらにとり囲まれた生活を思う存分に楽しむことにしたのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です