1日1食体験記5~想定外のことを乗り越え中

 

日中も横になって寝ていることが多かったので、夜の睡眠はそんなに必要がなくなったため、途中で目が覚めたのだと思います。

また、お腹や意識はしっかりしているのに、からだ全体がそれに追いつかずだるさや疲れを感じたりするのだと理解しました。

 

お腹に食べものがほとんどない状態とは、とにかく軽くて楽だと言うことができると思います。

お腹に意識を向け続けてみてわかるのですが、空腹とは明らかに違うのです。

 

それが本来の快適な状態なのです。逆にお腹がその状態だからこそ食べものを十分に味わうこともできるのだと思いました。

それにしても、からだ全体に力が入らないことや歩いていてもフラフラしてしまうのには参りました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です