努力すれば必ずできる

努力しなさいと言われると、嫌なことに耐え忍んでやるというイメージを描きそうですが、そういうことではなかったのです。

むしろ自分をワクワクさせ駆り立てるものに向かって一歩ずつ積み上げて行くことだったのです。

 

途中で必ずしも好きなことでないことをやる必要も出て来た場合も、その先の望む結果を手にしたイメージを描き続けることが大切でした。

要するに自分をどうやってやる気にさせるか、そのことだけを考えて日々の作業を淡々とこなして行くことです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です