最善を尽くし後は忘れる

やるべきことだけをやれば後は、成るように成るものだということを教えられました。

また、自分に乗り越えられない課題は与えられないということでもありました。

 

今やるべき目の前のことに集中して取り組むことが、後々の試練にも耐え得る力量を蓄え、メンタル面も鍛えられるということです。

私も以前と比べものにならないくらい動じなくなり平静さを保つのも容易になりました。

 

結局、環境に影響されることが限りなく小さくなったということであり、それは自分が認めない限り何ものも存在せず、自分が選ぶ主体であるという確信があるからです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です