小さなことをやり続ける

ともかく、どんな些細なことからでもいいので、やリ始めてみることです。

子どもの成長が著しいのは、手当たり次第に何でもやってみようとするからでもあります。

 

先のことは、その時に考えるという気持ちでやってみることが大事でした。

条件が全部そろってからでないと始められないのは、失敗したり人に笑われたりしないかと恐れ、出来なかったことを考えているからです。

 

でも実際に、やってみれば恐れることは何も起こらないものです。

だから出来ることだけを考えてやって行けば、いつの間にか出来てしまうものなのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です