自分の境遇は自らつくるもの

自分の境遇に文句を言ったり無気力になっても事態は変わらないどころか、余計に悪くなるケースもあるので十分注意したいところです。

かつて会社勤めをしていた私は人事異動に不満をもち仕事にも身が入らなくなり、上司とも上手く行かずに退職した経緯があります。

 

それ以前の仕事で自分の至らなかったことが思い出され、その境遇は自ら招いたものだったのです。

このことを思い出すたびに今後は一念発起する自分であり続けたいとつくづく思うのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です