過去を書き換える

過去の一つ一つのことは今の自分の記憶に刻まれており、これまで生きて来た証でもあります。

例えば小学生の頃よく日曜日の早朝スケートに行ったという記憶があればそれが小学生の時を過ごした証になります。

 

しかし、蓄積して来たそれらの記憶に安住するのでなく、その土台の上に新たな価値を創造してこそ、過去も活きて来るのです。

スケートが楽しかったことで社会人になるとスキーにも出かけるようなり好きな人とのデートのチャンスも与えてくれたのです。

 

自分が目ざしたい理想の未来を創造することにもつながり、理想の人たちとつながることでもあります。

もし、自由に何でも出来る自分の発信媒体をネット上で持つことが出来れば理想の状況を手にすることや理想の人とつながることも容易になります。

 

今を積み上げているプロセスの中に、過去も未来も脈打っているのが実感できる時があります。

毎日、動画を撮り続けること自体に、過去のことも未来のことも絶えず頭に過ぎって来るということです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です