豊かであることを認める

ある一つのことをやり続けていると、次につながることやそれに関連したことに出合えることに気づきます。

たとえば、これまでフェイスブックに力を入れていませんでしたが、その活用法などに触れる機会があり、学ぶべきところが多いことに気づいたのです。

 

走りながら考えるようになって、やっていることの手応えも日々感じられ、これまで時間の短さに耐えるだけでしたが、今では時間は豊かにあることを実感するのです。

能力や時間、お金が足りないという思いが、今の私の現実をつくって来ましたが、その思いを変えには行動を変えることでした。

 

行動を変えることで、はじめて豊かさが見えて来て思いも変わって行くのがわかるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です