人生こそ、本当の教師

実際に体験することの重要性について聞いていても体験から学ぼうという意志がなければ、ただやっただけで終わります。

見る行為についても、ただ見ているのと注意深く見るのとでは、得られる情報量がまったく違ってくるということです。

 

例えばシリーズ映画を見ていて最終バージョンだと、これで最後だと思って見ると受け取る印象が大きく違ってくるのと同じです。

ほんとはいつもこれで最後だと思って物事に接することが大切なのです。

事実、大勢の集まりなどで同じ顔ぶれのメンバーが再び一緒になることはあり得ないからです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です