創造していく間こそ人生

よく考えればすべてのものが実はかけがえのない唯一無二なものであったことに気づきました。

これは一期一会という出合いにも言えることだったのです。

たった一回きりのことしか、この世には起こっていないことだということが腑に落ちると、人生はがらりと変わるような気がします。

 

その一回きりの出来事をいま目の前にして、金輪際やれないことをいま行っている。これは無限の創造に関わっていることなのです。

日々のどんな営みも平凡で同じことの繰り返しでは全くなく、一つ一つの行いはかけがえのない創造であり、人生そのものであったのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です