ありのままで生きられる

結局のところ、たとえ過去にして来たことやあったことなどで、受け入れたくないところもあったとしても、すべてありのままを認める時が必ず来ると思うのです。

それは人生の終わりに訪れるかもしれませんが、そういう棚卸しは出来れば生きている間に行い、さらに上を目ざす生き方をしたいと思います。

常にありのままで生きることこそ、すべてを取り込み持てるエネルギーを次のステップに注ぎ、望む人生を直に体験する生き方だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です