まず自分に力をつけること

結局のところ、積み上げるものは何でも良かったのです。

力をつけるには、あることを着実に積み上げることに大きな意義があるということです。

これまでやってきたことの中にも、そういうものを見つけることが出来ると思います。

 

もちろん続ける必要があるので、自分の興味のあるものや好きなものであるに越したことがありません。

物事を成し遂げるには、凄まじくそれを思うこと、寝ても覚めても四六時中、そのことを思い続け考えぬくこと、とも言われています。

 

毎日、地道に積み重ねていくと、自ずとそういう境地になって行くものですので努力すべきは、思うこと以上に行動が大切だということです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です