熱意なくして何事も成し得ない

 

私というのは、いったい何のためにこうして生かされているのだろうかと考えてみて、その何かがあることだけはわかるのです。

そして、その何かというのは最初は何でもいいのではないかとわかったのです。

 

だから探しまくるのはやめ、すぐに手短なものでも何でも、それをやり通してみれば良かったのです。

走りながら考えるという言い方もできますが、やり続ける過程で出合ういろいろな問題にぶつかりながら深めていくやり方です。

 

目ざす方向も成果もやりながら進んでいけば、より鮮明にもっと明確になって来るように思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です