何度も言われ、やっと気づく

 

振り返ってみると、それは何度も言われていたことだったと気づくものです。

わかるためには、それに相応しいタイミングというものがあり、自分に準備が整った時にそのタイミングは訪れるとも言えます。

 

だから、わかるためには何度も聞く必要があったということであり、何度も言ってもらうことも必要だったのです。

もし、準備も出来てそのタイミングで聞き、腑に落ちたのであれば後はやる以外には何もないことを認め、速やかにやることです。

 

私はそうしました。そのことだけに集中するようになり、結果的に他のことはどうなっても受け入れるという状態になったのです。

私にとっては納得したその一つのことを続けて行くことで、全てを解く鍵も見つかるように思うのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です